有機野菜の無農薬野菜の便利な情報です

欠損歯を補うことの出来るインプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むために外科的な手術が必要です。
安全性を重視してこの治療を行うためには、術前に治療する部位の周囲の詳細な情報を把握しておく事が大切になってきます。その検査の方法の一つにレントゲン撮影があります。

レントゲン画像からは、肉眼では見えない患者様のお口の中の情報を得ることができるため、診断や治療計画に大いに役立ちます。


一般的な歯科治療で使用するレントゲンは平面の画像で、あごの骨、歯、歯列、顎関節部などの全体像を確認することができます。
この平面画像では、患者様の下あごまでの大まかな全体像を把握することができますが、画像に正確性が欠ける為、実際の位置や形を詳しく診査することが困難になるケースがあります。

そして、平面の画像であるため、神経の位置や骨の厚みなどを正確に把握することは難しい場合もあります。
しかしながら、インプラント治療ではこの平面画像では把握する事が出来ない情報を収集するために、最新の機器を使用し3次元画像が用いられ立体的な画像を元に治療が行われるのです。
ここではより精度の高いインプラント治療を可能にする最新の技術として3次元画像の撮影についてお話致します。
先ず最初に、3次元画像を活用する事で、様々な角度からお口全体の状態を確認することができます。

3次元の立体画像や断面図を作成することで、神経や血管の位置、骨の厚みなど、平面のレントゲン画像では分からない情報も精密に把握することができます。
そして、この立体画像では事前に手術のシミュレーションが行えるため、的確な治療計画を立てることができ、神経や血管を傷つけるようなトラブルを回避することにも役立ちます。

インプラント手術の前に3次元画像を用いて診査することは、手術時間を短縮し、手術後の痛みや腫れを軽減することにつながり、患者様の体への負担を最小限に抑えるためにも効果的なのです。

このように3次元画像を活用する事により、インプラント治療の精度を上げ、より正確なインプラント治療が可能になるのです。

http://ganjoho.jp/public/index.html
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/1000/101718.html
http://kokusai-implant.jp/

町田の審美歯科情報を網羅した総合サイトです。

武蔵中原にある歯医者の最新情報ならこちらを参考にしてください。

アザのレーザー治療のマニアックな情報をお届けします。

東京のホワイトニングの比較情報の公開中です。

多汗症治療の情報サイトです。